FIXER福利厚生:デバイス購入サポート制度!
2021-12-14
azblob://2022/11/11/eyecatch/2021-12-14-device-purchase-support-000.jpg

この記事はFIXER Advent Calendar 2021(https://adventar.org/calendars/6838)14日目の記事です。

今日は今秋から始まったFIXERの新制度"デバイス購入サポート制度"をご紹介します!

"デバイス購入サポート制度"とは

最新のデバイスやデザインに触れる​機会を増やすことで技術やサービスに​対する探求心を醸成することを​目的

として、なんと、

デバイス本体購入にかかった​価格の半額(!!)を会社が補助します

という制度なんです!

しかもサポート上限は、1人当たり30万円/年という非常に太っ腹な制度です。つまり、60万円の購入金額までは会社が半分補助してくれます(ありがとうございます!!)

いくつか細かいルールはありますが、広範囲のデバイスが対象となっており、Laptopやタブレット端末、スマートフォン、スマートウォッチがサポート対象、となってます。

私も早速この制度を活用しまして、iPad Air 4 Cellularモデルを購入!(「最新のデバイス?」という声はそっと飲み込んでください)

21年モデルのiPad Proも出ましたが、iPadはApple Watchでロック解除できない、自分のユースケースではこのご時世使いにくいと考えて、指紋認証のAirです。

FIXERではBYODを可としています。業務用のPC支給も行っておりますが、仕事に使うPCやデバイスをこだわって自分で選びたい!という方は、この制度を利用して自分好みのPCを購入して業務に使うことができます!もちろんこのiPad Airくんも、ビジネスにプライベートに活躍して頂いてます。

この制度で、盛々のM1 ProチップのMacbookを買ったメンバーがいるとか、いないとか・・・

制度的には、・M1 Maxプロセッサ・16インチ・64GBメモリ・4TB SSDストレージ・Logic Proプリインの盛々Macbook Pro、597,800円(税込・本記事作成当時)

も対象内で、30万円弱の補助が受けられるわけですね!

Macbook Airの新型が出ればこの制度で買いたいな

まだ試験運用中の制度ですが、今後は対象デバイスが増えたりするかも!?デバイスだけでなく、有料サービスなども対象になると、新しいデバイス・新しいサービスをいち早く体験しやすくなる!というようになるかもしれませんね。乞うご期待!


【巻末特典:素敵なクラフトビール屋さんを紹介するコーナー】

不定期連載のただの趣味コーナー。今回ご紹介しますのは、中目黒にある

中目黒タップルーム」さん

タップルームは沼津発のベアード・ブルーイングの直営店で、中目黒店は東京エリア第1号の店舗。デビューしたてのクラフトビール道で出会った「スルガベイインペリアルIPA」は衝撃的な美味さでした(今年の年末用にもお取り寄せしました)

中目黒以外にもいくつかある店舗は、各店舗食事メニューのテーマが異なります。中目黒店はクラフトピザ、原宿は焼き鳥、馬車道はBBQ などなど、どれも美味しい。美味しいベアードビールと、各店舗の違ったメニューを食べ比べて、ペアリングしてみるのも楽しいですよ。

久しぶりに行きたい・ω・