FIXER Inc. 松枝 宏樹

愛知県在住、リモートワーク気味なエンジニア。 得意分野はC#、ASP.NET、terraform、AKSなど。
子育てエンジニアがブログを書くならどんな手段を使う? Education

子育てエンジニアがブログを書くならどんな手段を使う?

子供がハイハイで家中を動き回るようになりました。 仕事と子育てで毎日必死で夜は気絶しそうな時もありますが、プライベートでもちょっとだけ技術寄りのことがしたくなり、朝早く起きて30分~1時間くらい手を動かしていることがあります。 こちらのTech BlogはマルチポストOKということで、ブログを用意し…
Static Web AppsのAPIでマネージドIDを使う方法 #Azureリレー Azure

Static Web AppsのAPIでマネージドIDを使う方法 #Azureリレー

Static Web Appsはお手軽に静的なWebサイトを提供するだけでなく、APIもデプロイできます。 APIをデプロイした場合、Azureの他のリソースにアクセスする処理が必要なケースが多いと思います。 APIから他のリソースにアクセスするには接続情報を環境変数に持たせる手もありますが、マネー…
Static Web Appsの連携先GitHubリポジトリを変更する方法 #Azureリレー Azure

Static Web Appsの連携先GitHubリポジトリを変更する方法 #Azureリレー

Static Web Apps (静的 Web アプリ) って便利ですよね!単品のリソース構築で、CDN、Webサーバー、APIサーバー、カスタムドメイン with HTTPS、アプリの自動デプロイが一気に実現できるので、これからどんどん活用したいです。 ただ私はまだ慣れていないので、アプリを検証用…
OpenShiftでアプリのSSL化が簡単すぎて焦った話 Azure

OpenShiftでアプリのSSL化が簡単すぎて焦った話

しがないC#エンジニアだった私にとって、SSL通信や証明書の管理は悩みのタネです。ようやくどう捌くのが良いのか自分で判断できるようになってきたところです。 そんな私がOpenShiftの証明書管理を調べていて焦った話を書き留めます。 ドキュメントの確認 まずはドキュメントを見てみました。下記の辺りが…
AKSユーザーがOpenShiftでクラスタのオートスケールを調べてみる Azure

AKSユーザーがOpenShiftでクラスタのオートスケールを調べてみる

AKS(Azure Kubernetes Services)は簡単な設定を入れるだけでクラスタのオートスケールが可能で便利ですが、あまり詳細なコントロールができない認識です。OpenShiftだとマニフェストファイルでオートスケールを調整できるように見えるので、ちょっと調べてみました。 OpenSh…
診断設定がキレイに消えずにモヤモヤする #Azureリレー Azure

診断設定がキレイに消えずにモヤモヤする #Azureリレー

結論から書くと、診断設定はリソースグループに紐づかないため、リソースグループの削除をしても診断設定は残り続ける、です。 何が言いたいのか? 例えばTerraformでAzureリソースを構築し、診断設定も実施したとします。ここで、「この環境作り直したいな」となった場合、 terraform dest…
KubernetesのTaintにビビらない #Kubernetesリレー Azure

KubernetesのTaintにビビらない #Kubernetesリレー

Kubernetes をやり始めたころ、登場する言葉の多さに絶望したことを覚えています。特にこの「Taint」はびっくりしました、「汚す」ってどういうこと?ちょっと解説してみます。 ノードを汚すという行為 kubectl taint のようなコマンドを使うと、ノードにTaintをつける、つまりノード…